GB DEC SET584/6 カラヤン プッチーニ・蝶々夫人 (全曲)

GB DEC SET584/6 カラヤン プッチーニ・蝶々夫人 (全曲)
 画像をクリックして拡大イメージを表示
    
品番 20436
レコード番号 SET584/6
演奏者 ミレッラ・フレーニ ルチアーノ・パヴァロッティ クリスタ・ルートヴィヒ ロバート・カーンズ 
作曲家 ジャコモ・プッチーニ
指揮者 ヘルベルト・フォン・カラヤン
オーケストラ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 EX
レコード状態 EX+
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(オペラ) ミディアム
販売価格  8,000 円 (税別)
個 

RecordLabelNARROW BAND ED4
Recording&WeightSTEREO 3枚組(130g/140g/130g)
Release&Stamper1974
5G/4G 3G/4G 4G/4G
Record(1) rub&scratch:1〜4面に短い軽微なスクラッチノイズ、3面初めにプレスミス起因短いノイズと終わりにエクボによる低音ノイズあるが、全体的にはノイズ少なく程度良好。
(2) surface:1面中盤に小さな擦れ跡1本、3面終わりにエクボ、4面中盤過ぎに縦・横に各1本の擦れ跡、6面に微かな擦れ跡数本あり。
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:左端中央に軽微な破れ
(3) spine:
(4) bottom&top:4隅に軽微な破れ
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:

基本的には1971年のボエームの延長みたいなセットで、オケがベルリンフィルからウィーンフィル、セッション場所がキリスト教会からソフィエンザールに代わっただけの代物!!!カラヤンのオーケストラは完璧としとにかく最初の1小節からウィーンフィルのドラマティックな演奏に驚かされるか言いようがない!!!あらゆる場面で独特の雰囲気を呼び起こしている。乳母が同じ??であったと言う伊パドヴァ出身の幼なじみ故パヴァロッティとフレーニはプッチーニのピンカートンと蝶蝶さんを歌うために生まれたのではないかと思えるほど。ふたりの甘く柔らかな声は見事に溶けあい、カラヤンの絶妙の棒のもと多少違和感は有りますが日本魂を完璧に作り上げている。デッカ制作陣も、すでにカルーショー第二世代勢揃い!!!クリストファー・レイヴァン、ミヒャエル・ウールコック、エンジニアは、ゴードン・バリー(第一世代に属すが)、ジェームス・ロック、ジャック・ロウ其々数頭立ての豪華布陣!!!!

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。