GB PHIL SABL189-190 ワルター マーラー・復活

GB  PHIL  SABL189-190 ワルター  マーラー・復活
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 13837
レコード番号 SABL189-190
作曲家 グスタフ・マーラー
指揮者 ブルーノ・ワルター
オーケストラ ニューヨーク・フィハーモニー管弦楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(交響曲) プレミアム
販売価格  30,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabel"HI-FI STEREO"PLUM WITH SILVER LETTERING
Recording&WeightSTEREO二枚組(170g/170g)
Release&Stamper1958
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:


80歳を越えた晩年のワルターは米国は西海岸で隠遁生活送っていたが、米コロンビア社の若き俊英プロデューサー・ジョン・マックルーアに説得されドイツモノ中心にステレオ録音開始!!!!日本の北斎に譬えられたように、まさに80歳にして立つと言った感じ!!!録音は穏和な表情の中にどことなく哀感が漂うような,独特の味わいがあります。恩師マーラーも、巨匠ワルターの芸風に最もしっくりと馴染む作曲家の1人だったように思う。トスカニーニの熱情や烈しさ、フルトヴェングラーのような即興性を持たなかったが、抒情的な美しさと気品で我々聴き手を包み込み、テンポを誇張するスタイルでなかったが、活気に欠けることはなかった。こうした特徴は数多く存在するリハーサル録音耳にすると判りますが、少しウィットに富んだ甲高い声で奏者と自分の間の緊張感を和らげ、その反面集中力を最高に高めるという共感を持った云わば対等の協力者として通したこと独裁者的巨匠が多い中で稀有な存在であったのでは。こうしたスタイルは低音域を充実させたドイツ的なスタイルで,ロマンティックな情感を適度に盛り込みながら,柔らかくたっぷりと歌わせた,スケール感豊かな名演を必然的に産む。こうしたスタイルを86年の生涯最後まで通したワルターは凄い!!!このハイファイステレオ盤、コンセルトヘボウでの録音実作業を通じて確立されていった セピア調 とも 落ち着いた色調 とも いぶし銀 とも描写される独特のフィリップスの録音技術で上手くブレンドされた フィリップス・サウンド を再現したようなプレスで最高です!!!ぜひ米盤6eyesお持ちの方に聴いていただきたい逸品です・・・

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。