US BLUE NOTE BLP4017 HORACE SILVER …

US  BLUE NOTE  BLP4017 HORACE SILVER QUINTET  BLOWIN  THE BLUES AWAY
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 14214
商品名 US BLUE NOTE BLP4017 HORACE SILVER QUINTET BLOWIN' THE BLUES AWAY
レコード番号 BLP4017
演奏者 ジュニア・クック(Sx)
作曲家 ブルー・ミッチェル(Tr)
オーケストラ ホレス・シルヴァー(P)
録音種別 MONO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 US(アメリカ合衆国)盤
グレード(ジャズ) プレミアム
販売価格  35,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabel47 WEST 63rd・NYC
Recording&WeightFLAT MONO(190g)
Release&StamperRVG手書BLP4017
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:"
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:


Blue Mitchell も Junior Cook も、このアルバムの頃はまだまだ駆け出しといった感じでしょうが、このグループの演奏を聴く限りはとてもそんな感じなくて、グループとしてすごくまとまった演奏になっているように思います。Blue Note のジャケット・デザインの多くは写真を使ったものですが、このアルバムは Paula Donohue が描いたものです。ほぼノーノイズの初期ブルーノートは奇跡?です・・・雑誌スイング・ジャーナルからの引用ですが、ジャズ界最強のレーベル、ブルーノートは、1939年ドイツからやってきたアルフレッド・ライオンによって創設されました。1954年LP時代に入り1500番台を発売した頃から俄然注目を浴び、以後 Liberty に売却される1966年まで、その栄光の歴史は続きました。最近のマスコミでは、以降の Liberty や United Artists まして新生 Blue Note までももてはやす風潮がありますが、Blue Note が光り輝いていたのはあくまでもアルフレッド・ライオンが引退するまでの時代の本盤にほかなりません。共同経営者フランシス・ウルフと彼の撮影した写真を使ったリード・マイルスのデザインによるジャケット、神様ルディ・ヴァン・ゲルダーの録音、そして、有望な新人達に惜しげもなく録音の機会を与えたアルフレッド・ライオンの慧眼、これらが融合したとき、数々の金花玉石が誕生したのです。1) 1954年から1957年まで、ブルーに白のセンター・レーベルで、Lbl上部の住所が ""Lexington Ave., NYC."" になっています。(〜BLP1543まで存在する云われていますが本盤BLP1542あたりは現存は超少ないと云われています) 2)1957年、同じブルーに白のセンター・レーベルで、Lbl上部の住所が ""47 WEST 63rd New York 23"" になっています。(1544〜1570) 未確認ですが、1576、1577も同じ住所という説があります。3)1957年から1961年まで、同じブルーに白のセンター・レーベルで、Lbl上部の住所が ""47 WEST 63rd NYC"" になっています。(1571〜1600、4000〜4074)本盤が該当します。価格はe-Bayより抑えたつもりです・・・

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。