DE DGG SLPM138 659 ムラヴィンスキー チャイコフスキー・…

DE DGG SLPM138 659 ムラヴィンスキー チャイコフスキー・交響曲6番「悲愴」
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 20193
商品名 DE DGG SLPM138 659 ムラヴィンスキー チャイコフスキー・交響曲6番「悲愴」
レコード番号 SLPM138 659
作曲家 ピョートル・チャイコフスキー
指揮者 エフゲニー・ムラヴィンスキー
オーケストラ レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 EX
レコード状態 M-
製盤国 DE(ドイツ)盤
グレード(交響曲) プレミアム
販売価格  40,000 円 (税別)
個 

RecordLabelTULIP ALLE HERSTELLER
Recording&WeightSTEREO (160g)
Release&Stamper12/63
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1960年11月

(2) recordsession:ウィーン、ムジークフェラインザール

(3) p&e:

(4) addition:RED STEREO LOGO、優秀録音、名演、名盤

意外と知られていない事実として、本録音はレニングラードではなくて、ウィーンの楽友協会大ホールだったということです!!!!5番のロンドンウェインベリイホールの録音セッション同様、木質で間接音の効いた響きは、其のせいではと勝手に思っています。作曲家、指揮者、オーケストラ全てメード イン ロシア の本盤に当時世界最高水準にあった独DGGの技術と間接音がタップリと乗る楽友協会ホールの会場提供という幸運が重なって出来上がった稀有な名盤!!!おそらくレニングラードの会場で露メロディアが製作したら、こうはいかなかったと思います。緊張感精妙さがありながら、力感に溢れ内に炎を燃えたぎらせている。爆発寸前の感情や熱気を押さえながら、闘志をもって突き進んで行く。表情は厳しい、ニコリともせずに毅然としつつ、最後には激しく慟哭する。まるで精緻で練り上げられた演奏でありながら、感情と感動に満ち溢れている!!! 1960年と言えば、東西冷戦のまっ只中であり、旧ソ連の威信かけたような緊迫感漂う尋常ならざる演奏は、ムラビンスキーの情念と団員必死の一生懸命さが伝わってくるようだ(成功しなかった場合、旧ソ連共産党から 粛清 される恐怖感もあったろうに・・・)。 故に、このアルバムは時代背景を考慮すると歴史的にも価値があると思う。レニングラードフィルは一糸乱れぬ、まるで 軍隊 のように感ずるのは小生だけでないと思います・・・・。しかし、ソ連軍隊と西側先進録音技術の融合の成果は大きい!!!!

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。