GB COL CX1007-9 カラヤン モーツァルト・フィガロの結婚(全…

GB COL CX1007-9 カラヤン モーツァルト・フィガロの結婚(全曲)
 画像をクリックして拡大イメージを表示
     
  
品番 20411
商品名 GB COL CX1007-9 カラヤン モーツァルト・フィガロの結婚(全曲)
レコード番号 CX1007-9
演奏者 エリザベート・ヘンゲン ジョージ・ロンドン セーナ・ユリナッチ エリーザベト・シュヴァルツコップ エーリッヒ・クンツ イルムガルト・ゼーフリート
作曲家 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
指揮者 ヘルベルト・フォン・カラヤン
オーケストラ ウィーン国立歌劇場
録音種別 MONO
ジャケット状態 EX
レコード状態 EX+
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(オペラ) ミディアム
販売価格  13,000 円 (税別)
個 

RecordLabelDARK BLUE WITH GOLD LETTERING
Recording&WeightMONO3枚組 (160g/140g/160g)
Release&Stamper
Record(1) rub&scratch:モノラル盤特有のサーフェスノイズあるが目立ったスクラッチノイズは少ない。1,6面にごくわずかのスクラッチノイズある程度。
(2) surface:各面に数本の微かな擦れ跡あり
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:DISC3の左上背表紙部に1cm程の破れあり
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:

英EMIの偉大なレコード・プロデューサー ウォルター・レッグは、未来の演奏会やアーティストを評価するときに基準となるようなレコードを作ること、彼の時代の最上の演奏を数多く後世に残すことであったという。レッグは戦後ナチ党員であったとして演奏を禁じられていたカラヤンの為に、レッグ自ら1945年に創立したフィルハモニアを提供し、レコード録音で大きな成功を収めたが、このフィルハモニアに先立つこと1947年1月ウィーンでレッグとカラヤンが偶然出会い意気投合!!!早速9月よりウィーンフィルとレコーディングを開始。レッグ&カラヤン連合軍の快進撃の第一幕が開いた!!!英米の本当の連合軍も、レッグのロビー活動により、カラヤンに公的な指揮活動が許されたのと前後している!!!この快進撃の第一幕が、フィガロの結婚でした。このウィーンフィルとのレコーディングは、1946年から1949年まで集中的に行われている。しかし、この時期のカラヤンとウィーンフィルの演奏が評価の高いシロモノであったことが、その後カラヤンにとっての天敵フルトヴェングラーが亡くなった後にベルリンフィルとウィーンフィルがカラヤンを迎え、帝王として君臨することになる礎となったことは事実である。まさに、カラヤン芸術の原点として評価すべき時代の録音と云えるだろう。 レッグ夫妻(後の)&カラヤン連合が其の時に創作した本盤フィガロの結婚は最高のフィガロであることには、誰も異論はないと思います!!!天敵フルベンによりウィーンフィルを締め出されたカラヤンは、ウィーン交響楽団に活動の場を移し、またレコーディングは、フィルハーモニア管弦楽団と行うようになる。そのフィルハモニアでも合奏の完璧な正確さを要求し、音を徹底的に磨き上げることによって聴衆に陶酔感をもたらせ、さらにはダイナミズムと洗練さを同時に追求するスタイルで第二幕を告げるのが、この「コシファントゥッティ」「薔薇騎士」や「ファルスタッフ」、シュワルツコップを伯爵夫人に据え選りすぐりの名歌手が繰り広げる個性豊かな歌唱とカラヤンの精緻で揺ぎない指揮が絶妙の均整を保った奇跡的な録音ことは言うまでもないと思います。カラヤンの全盛期のフィガロ堪能あれ・・・

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。