GB COL CX1318-20 カラス&セラフィン ヴェルディ・…

GB COL CX1318-20 カラス&セラフィン ヴェルディ・アイーダ(全集)
 画像をクリックして拡大イメージを表示
    
品番 19697
商品名 GB COL CX1318-20 カラス&セラフィン ヴェルディ・アイーダ(全集)
レコード番号 CX1318-20
演奏者 マリア・カラス リチャード・タッカー フェドーラ・バルビエリ ティート・ゴッビ ニコラ・ザッカリア ジュゼッペ・モデスティ 
作曲家 ジュゼッペ・ヴェルディ
指揮者 トゥリオ・セラフィン
オーケストラ ミラノ・スカラ座管弦楽団
録音種別 MONO
ジャケット状態 EX-
レコード状態 EX+
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(オペラ) ミディアム
販売価格  10,000 円 (税別)
個 

RecordLabel"MAGIC NOTES IN SEMI CIRCLE"WITH BLACK LETTERING x2 DARK BLUE WITH GOLD LETTERING 2種混合
Recording&WeightMONO 3枚組 (160g/160g/160g)
Release&Stamper6N/3N 3N/4N 2N/2N
Record(1) rub&scratch:2箇所の擦れ部を含め所々で極々軽微なパチノイズ発生
(2) surface:1枚目2面後半2cm未満の極々軽微な縦擦れ1本、3枚目2面中盤から後半に掛けて光に反射させて認識できる程度の縦擦れ1本
(3) spindlemark:2枚目両面2-3本認識
Jacket(box)(1) face:見開き部角4-5cm壊れ認識
(2) back:上面中央部4-5cm裂け
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:付属なし
Recordkarte(1) recorddate:1955年8月10-12日、16-20日、23-24日

(2) recordsession:ミラノ、スカラ座

(3) p&e:

(4) addition:優秀録音、名演、解説書付属

セラフィンは1946年ローマに次ぐ2回目の録音。ソプラノにマリア・カラスを迎えたミラノ・スカラ座での本格的イタリア録音で1955年モノラルのみ発売。トスカニーニから1909年スカラ座の音楽監督を引継ぎ1918年再びトスカニーニに返すが、トゥーリオ・セラフィンこそが、イタリア・オペラの正当な伝承者と言える。またマリア・カラスを見出したのはセラフィンと言われている。忠実な再現性において右に出る者はいない。初期フラット盤らしく、上手く再生した時にはまるでソコで歌っているかの様な錯覚に陥る。特に、カラスのソロは圧巻の一言。

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。