US RCA LCT1137 ワンダ・ランドフスカ バッハ・チェンバロ曲集

US RCA LCT1137 ワンダ・ランドフスカ バッハ・チェンバロ曲集
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 20043
レコード番号 LCT1137
演奏者 ワンダ・ランドフスカ
作曲家 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
録音種別 MONO
ジャケット状態 EX
レコード状態 EX+
製盤国 US(アメリカ合衆国)盤
グレード(器楽) ミディアム
販売価格  5,000 円 (税別)
個 

RecordLabelGOLD WITH RED LETTERING
Recording&WeightMONO FLAT(200g)
Release&Stamper5S/1S
Record(1) rub&scratch:両面全体で時代相応のノイズ認識(軽微)
(2) surface:両面全体軽微擦れ数本認識 時代相応
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:右上テープ跡認識
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1935年7月9日、1936年9月25-26日

(2) recordsession:サン=ルー=ラ=フォレ、パリ

(3) p&e:

(4) addition:優秀録音、名演

ほぼ絶滅していたチェンバロという古楽器を20世紀に復活させた立役者にして、この楽器の女王。彼女がチェンバロで奏でるバッハを聴き、ショックを受けた有名人にはブゾーニ、トルストイ、チュルリョーニスといった鋭敏な感受性を持つ芸術家も多く、世の中への多大な影響を与えました。彼らも聴いたほど太古に生きたランドフスカの録音は、数が多いわりにクオリティが低く、せっかくの神業がイマひとつ実感できずにきました。しかし、ユナイテッド・アーカイヴ社が入念なマスタリングを施した結果、驚くほど鮮明な音質に蘇り、トルストイが聴いた音楽を私たちも体験できることとなりました。チェンバロという楽器は音量に乏しく、音色の変化もない欠点があったため、ランドフスカはプレイエル社に特注して、ピアノの機能を応用したモダン・チェンバロを生み出しました。これは今日古楽関係者たちから忌み嫌われていますが、典雅で艶のあるチェンバロの音が、ある時にはオルガンのように壮麗に、ある時はピアノのように表情豊かに変幻する様は、あたかも魔術のよう。また、ランドフスカならではのリズム感の良さとフレージングの斬新な切り方が、超新鮮に響きます。まさに神業です。 収録曲:イタリア協奏曲、半音階的幻想曲とフーガ、パルティータ1番、トッカータ

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。