GB RCA SB-2075 フリッツ・ライナー ロッシーニ・序曲集

GB RCA SB-2075 フリッツ・ライナー ロッシーニ・序曲集
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 19910
レコード番号 SB-2075
作曲家 ジョアキーノ・ロッシーニ
指揮者 フリッツ・ライナー
オーケストラ シカゴ交響楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 EX
レコード状態 EX+
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(管弦楽) ミディアム
販売価格  12,000 円 (税別)
個 

RecordLabelDARK RED WITH SILVER LETTERING
Recording&WeightSTEREO (160g)
Release&Stamper1959 1D/1D
Record(1) rub&scratch:1面前半軽微なパチノイズ発生
(2) surface:1面光に反射させて認識できる程度の軽微な擦れ散見
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back右上メモ書き1ケ認識
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1958〜1959年
(2) recordsession:シカゴ、オーケストラ・ホール
(3) p&e:
(4) addition:優秀録音、名演、名盤
1954年は、まだステレオは実験段階だったと思うが、当時の先進企業米国RCAは、いち早くステレオ技術を取り入れ、見事な録音を行っていたのである。其の代表作が、偉大なRCA ステレオ録音第一号番、LSC1806のツァラトストラだったのではなかろうか!!!その成功を十分に取り入れて1959年に録音したのが本盤。製作陣はRCAの一軍、リチャード・ムーア&ルイス・レイトン!!!!!!!個々まではっきり分離するステレオは、生の音とはやや趣を異にするとはいえ、やはりすごい。スタジオ録音とはとても思えない熱気を孕んでいる。一発取りをしたとしか思えない怒濤の極みです!!!アンサンブルを引き締めながら、強靭な造形が生む緊張感の素晴らしさがハッキリと感じ取れます!!!参考までに、米RCAでは LSC2318で 10+/TOPs/EXCELLENT評価。audibly richer, more robust, more dynamic, more transport, more ambient, more extended, 延々と褒め言葉が綴られています・・・本盤はそこに英デッカのFFSSと云う独自のステレオ技術がブレンドされ聴き映えがします 収録曲:ウィリアム・テル、絹のはしご、ブルスキーノ氏、セビリアの理髪師、泥棒かささぎ、チェネレントラ

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。