NL FONTANA SCFL113/5 フランツ・コンヴィチュニー ベー…

NL FONTANA SCFL113/5 フランツ・コンヴィチュニー ベートーヴェン・交響曲1番/7番/9番
 画像をクリックして拡大イメージを表示
     
  
品番 19990
商品名 NL FONTANA SCFL113/5 フランツ・コンヴィチュニー ベートーヴェン・交響曲1番/7番/9番
レコード番号 SCFL113/5
演奏者 インゲボルク・ヴェングロル ウルズラ・ツォレンコップフ ハンス=ヨアヒム・ロッチュ テオ・アダム
作曲家 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
指揮者 フランツ・コンヴィチュニー
オーケストラ ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 EX-
レコード状態 EX+
製盤国 NL(オランダ)盤
グレード(交響曲) ミディアム
販売価格  13,000 円 (税別)
個 

RecordLabelDARK PLUM&SILVER WITH SILVER LETTERING
Recording&WeightSTEREO 3枚組 (160g/170g/170g)
Release&Stamper
Record(1) rub&scratch:3枚目1面擦れ起因軽微パチノイズ 2面冒頭部軽微パチノイズ認識
(2) surface:3枚目1面前半軽微縦擦れ認識
(3) spindlemark:1-3枚目両面軽微複数認識
Jacket(box)(1) face:3枚目ラミネート剥がれ認識
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:1枚目上面テープ補強認識
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1959〜1961年
(2) recordsession:ベタニア教会
(3) p&e:
(4) addition:名演、名盤、レアセット
録音年代は1959年から1962年の3年間で、多くはライプツィヒのベタニア教会でセッションを組んで録音。ヴァイオリンとヴィオラを学んだコンヴィチュニーは、22歳から24歳までの3年間、ライプツィヒ音楽院で勉強しながらライプツィヒの歌劇場やフルトヴェングラー時代のゲヴァントハウス管弦楽団でも演奏経験を積んでいます。26歳の時には、コンヴィチュニーは指揮者になることを決意し、まずシュトゥットガルト歌劇場の練習指揮者の職を得ます。下積みを経て48歳のときにゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者に就任。60歳の時、演奏旅行先のベオグラードで「ミサ・ソレムニス」のリハーサル中に倒れて亡くなるまで同楽団と充実した活動を展開。とても芯が太く重厚で、かつ細部に至るまで全く手抜きの無い構成で、まさに旧東ドイツ時代のベートーヴェン演奏の見本のような演奏で、感動ものです。重心の低い、渋い演奏のベートーヴェンです。

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。