US HSR HS-9037 リリー・クラウス ピアノソナタ集

US HSR HS-9037 リリー・クラウス ピアノソナタ集
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 20008
レコード番号 HS-9037
演奏者 リリー・クラウス
作曲家 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
録音種別 MONO
ジャケット状態 M-
レコード状態 EX+
製盤国 US(アメリカ合衆国)盤
グレード(器楽) ミディアム
販売価格  8,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabelDARK GREEN WITH SILVER LETTERING
Recording&WeightMONO (160g)
Release&Stamper1954 1A/1A
Record(1) rub&scratch:両面全体で初期特有軽微ノイズ数回認識
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1954年
(2) recordsession:パリ
(3) p&e:
(4) addition:
モーツァルトのエキスパートとして知られたリリー・クラウスは、1967年から1968年にかけてSONYにステレオ録音もおこなっていますが、打鍵の勢いやリズミカルな感覚はモノラル盤のほうが上とも言われています。そのモノラルの全集は、EMIからもリリースされたディスコフィル・フランセ音源の演奏が有名で、モーツァルトの生誕200周年を記念した内容の濃さ、演奏の素晴らしさに現在でも多くの愛好者がいます。今回、MUSIC&ARTSから久々に復活するハイドン・ソサエティの録音は、1954年におこなわれたとされていますが、この録音をライセンス発売したのがディスコフィル・フランセと言われており、さらにそれを後に発売したのがEMI盤ということで、実際のところ、クラウスのモノラル盤の全集は1種類だと思われます。 収録曲:ピアノソナタ13番、ピアノソナタ16番、美しいフワンソワーズ

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。