GB DEC 195D1-2 ゴールドベルク&ルプー シュー…

GB  DEC  195D1-2 ゴールドベルク&ルプー  シューベルト・ソナチネ&Vn奏鳴曲&幻想曲
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 19033
商品名 GB DEC 195D1-2 ゴールドベルク&ルプー シューベルト・ソナチネ&Vn奏鳴曲&幻想曲
レコード番号 195D1-2
演奏者 シモン・ゴールドベルク ラドゥ・ルプー
作曲家 フランツ・シューベルト
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 NL(オランダ)盤
グレード(室内楽) プレミアム
販売価格  40,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabelNARROW BAND ED4 二枚組 和蘭プレスが初出オリジナル
Recording&WeightSTEREO(130g/130g)
Release&Stamper1980
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:シモン・ゴールドベルク夫人は日本人ピアニストの山根美代子。ベルリンで名教師カール・フレッシュに入門。12歳でワルシャワでデビューし、センセーションを呼ぶ。フルトヴェングラーの招きで、弱冠20歳でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。ピアニストのリリー・クラウスとはデュオを組んでソリストとしての演奏を精力的に続け、その本セット同一曲は世界の中古盤市場では高値安定!!!小生はいまだに手にした事がない高価盤!!!ステレオ時代なってからはラドゥ・ルプーとの共演によるこのシューベルトのソナタやモーツァルト全集やの録音が名盤として、今日でも評価が高い。そこでは、しっとりと濡れたような音色の美しさや、20世紀のヴァイオリニストとしては控えめなビブラート、音楽そのものをいつくしむような作品への誠実な取り組みが認められる録音。当時64歳のベテランであったゴールドベルクと、34歳年下のルプーの親子程の年齢差のある最高の ミスマッチ に果敢に挑戦した英デッカ社はやはりお目が高い!!!製作陣もカルショーの後継者クリストファー・レイバンがプロデュース、録音セッション場所も理想の残響誇るピカデリーラインが真下を通過していて地下鉄音で有名なキングズウェイ!!!!!世代ギャップからミスマッチだと揶揄された前評判とは裏腹に、理想的ともいえる繊細かつ抒情美に溢れた逸品!!!本セットは保存状態も良好で、手にするコレクターは幸せ者だと申し上げておきます???余談ですが、モーツァルト全集よりはこのシューベルトのソナチネ、和蘭盤が初出ですがデジタル時代突入圧倒的に数が少ないレアアイテムとして有名、価格高くなり申し訳ありません。弁解のため、久し振りに長文コメント認めた次第です



twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。