GB DEC SXL2097 カッチェン&アルヘンタ リスト・ピアノ…

GB  DEC  SXL2097 カッチェン&アルヘンタ  リスト・ピアノ協奏曲1&2番
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 34-9011
商品名 GB DEC SXL2097 カッチェン&アルヘンタ リスト・ピアノ協奏曲1&2番
レコード番号 SXL2097
演奏者 ジュリアス・カッチェン
作曲家 フランツ・リスト
指揮者 アタウルフォ・アルヘンタ
オーケストラ ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(協奏曲) プレミアム
販売価格  25,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabelWIDE BAND WITH GROOVE ORIGINAL RECORDING BY THE DECCA ED1
Recording&WeightSTEREO(150g)
Release&Stamper1958 3K/2E
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:裏面デッカ最初期ブルーボーダー版コレクターアイテム


根強い人気があるスペインの指揮者アルヘンタ。シューリヒトの提言で指揮者に転向、50年代にはスペインをはじめフランスやイギリスのオーケストラと数多くの録音を残しました。1957年に突然事故死してしまいますが、僅か3-4年の短い間に残された録音はどれもがスペインの情熱的な魅力一杯の名盤揃い!!!なかでも同じデッカに残したカッチェンと組んで録音したリストの協奏曲が、数ある中でも、作曲家、独奏者、指揮者三拍子揃った名盤として群を抜いています!!!何よりもリズムが生きている!!どの部分をとっても間の取り方、歌いまわしが絶妙で、注意深く聴くと、音色の使い方が実に味わい深い。躍動感があり、オーケストラ内部から音が湧き出てきたように感じます。フラメンコの国出身のアルヘンタにしか出来ない妙技です???スピーカーが悲鳴を上げていました???こうしたフラメンコの環境に育ったアルヘンタの強靭なリズム感とまばゆいばかりの色彩感が、100%放出されている!!!状態、初期SXL2***としては極めて良好、英国人の前オーナーに感謝したい!!!

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。