US COL D3S691 ワルター モーツアルト・後期交響曲集

US COL D3S691 ワルター モーツアルト・後期交響曲集
 画像をクリックして拡大イメージを表示
     
品番 34-20504
レコード番号 D3S691
作曲家 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
指揮者 ブルーノ・ワルター
オーケストラ コロンビア交響楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 EX
レコード状態 M-
製盤国 US(アメリカ合衆国)盤
グレード(交響曲) ミディアム
販売価格  6,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabelGRAY 「MASTERWORKS」 WITH BLACK LETTERING
Recording&WeightSTEREO3枚組 (110g/100g/100g)
Release&Stamper
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:1面、5面に引き出し時特有の軽微擦れあるが音質影響なし
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:軽微な汚れ
(2) back:右下にシワ
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1959年、60年

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:解説書付き、名演奏、名盤

【収録曲】
交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
交響曲第35番ニ長調K.385「ハフナー」
交響曲第36番ハ長調K.425「リンツ」
交響曲第39番変ホ長調K.543
交響曲第40番ト短調K.550
交響曲第38番ニ長調K.504『プラハ』
50年台末にビバリーヒルズで半ば引退していたブルーノ・ワルターの芸術をステレオ録音で残すべく、コロンビア・マスターワークス社が立ち上げたプロジェクトにより残された歴史的名盤。ワルターのために集められた「コロンビア交響楽団」はロサンゼルス・フィルとハリウッドの音楽家たちの混成で、メンバー選考にもワルターが関わったと言われます。このシリーズで残された他の録音同様、分厚く豊かに響くロマンチックな演奏は、現代ではピリオド奏法も盛んになったモーツアルトだからこそ貴重な歴史的遺産と言えるでしょう。

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。