GB DEC SXL6087 ウィーン八重奏団 モーツァルト・クラリネット…

GB DEC SXL6087 ウィーン八重奏団 モーツァルト・クラリネット五重奏曲/ディベルティメント10番
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 34-20767
商品名 GB DEC SXL6087 ウィーン八重奏団 モーツァルト・クラリネット五重奏曲/ディベルティメント10番
レコード番号 SXL6087
演奏者 アルフレート・ボスコフスキー アントン・フィーツ
作曲家 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
オーケストラ ウィーン八重奏団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 EX+
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(室内楽) ミディアム
販売価格  12,000 円 (税別)
個 

RecordLabelWIDE BAND WITH GROOVE MADE IN ENGLAND ED2
Recording&WeightSTEREO (160g)
Release&Stamper1963
2G/2G
Record(1) rub&scratch:1面後半に小傷起因スクラッチノイズ
(2) surface:1面後半に斜めに5mmの小傷
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:左上シール添付
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1963年10月

(2) recordsession:ウィーン、ゾフィエンザール

(3) p&e:

(4) addition:

ウィーン八重奏団は、長い伝統に育まれた独特の優美な響きと、自発性に富む豊かな表現で、世界最高のオーケストラの一つとして、常に世界の聴衆から愛されてきたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者たちを中心に結成されました。1947年、当時ウィーン・フイルのコンサートマスターだったヴィリー・ボスコフスキーと、彼の実弟で首席クラリネット奏者だったアルフレート・ボスコフスキーを中心に弦5人、管3人で結成され、今日に至るまでウィーンの伝統的奏法を身につけた名手たちによって受け継がれています。本盤は新リーダーのアントン・フィーツ時代の1963年録音で、伝統的な良さを残しながらも切れ味の鋭い端正な演奏スタイルによる名演です。

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。