DE DGG SLPM138 697/99 フリッチャイ モーツァルト「フ…

DE DGG SLPM138 697/99 フリッチャイ モーツァルト「フィガロの結婚」
 画像をクリックして拡大イメージを表示
    
RecordLabelTULIP MADE IN GERMANY
Recording&WeightSTEREO3枚組 (150g/160g/130g)
Release&Stamper6/9 7/7 7/6
Record(1) rub&scratch:3面最後にごくわずかな周期ノイズ
(2) surface:3面に微かな擦れ跡
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:1960年9月

(2) recordsession:ベルリン、イエス・キリスト教会

(3) p&e:

(4) addition:解説書付属、優秀録音、名演、名盤

フリッチャイは1957年に白血病になり、胃と腸の大手術を受けるなどして1年間療養したうえで現場復帰していますが、病状の悪化により、1961年12月に指揮活動を中断し、治療に専念するものの、1963年2月に48歳の若さで亡くなっています。この「フィガロの結婚」は、白血病発症後の録音ですが、治療が功を奏して健康状態が良好だった時期にステレオ方式でセッション録音されたもので、モーツァルトらしい軽やかさとしなやかさ、弾むリズムは維持したフリッチャイ最後のオペラ録音。フリッチャイの遺した録音は白血病発症以降は、まだ若いのに晩年のような雰囲気さえ漂う独特なものとなり、その陰影を大切にしたスタイルには深い魅力が備わっていることが多く細部まで見通せるよう声部バランスを整えた上で示される透明感と旋律美には実に見事です。

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。