JP ERATO|COLUMBIA OS2703RE ジャン・マルティノン…

JP ERATO|COLUMBIA OS2703RE ジャン・マルティノン ルーセル「くもの饗宴」
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 34-28554
商品名 JP ERATO|COLUMBIA OS2703RE ジャン・マルティノン ルーセル「くもの饗宴」
レコード番号 OS2703RE
作曲家 アルベール・ルーセル
指揮者 ジャン・マルティノン
オーケストラ フランク国立放送管弦楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 EX++
製盤国 JP(日本)盤
グレード(管弦楽) レギュラー
販売価格  2,200 円 (税込)
個 

RecordLabel国内初出
Recording&Weight130g
Release&Stamper
Record(1) rub:scratch:surface:spindlemark:ニアミントに近いですが弱音部サーフェスノイズ認識「EX++」半世紀前後発売盤等勘案頂けたら幸いです
Jacket(box)(1) face:back:spine:bottom:top:innersleeve:booklet:1970年以降白黒文字羅列解説裏面主流、当方主力の1970年以前盤は例えば見開きジャケットやカラー写真掲載裏面等LP黎明期の息吹が聴こえてきそうな訂装、1970年製造盤は51年経過、当方主力出品盤1957-1969年製造盤は当時貧弱なオーディオ環境勘案するとニアミント盤発掘困難極めますが鋭意努力します。
Recordkarte(1) recorddate:addition:trial
日本最初期盤本当に音は良いです日本コロムビア社社史によると同社クラシック・レコードの歴史は、英コロムビア(EMI)、米コロムビア(CBS)から原盤の供給、それを国内盤として発売して生業立ててきました。当時の日本国内では米英からの供給代理店変更当たり前、例として1960年に東芝音楽工業株式会社が設立され、1962年には英コロムビアとの契約を終了。さらに1968年には、CBSソニーレコード株式会社が設立。同年6月末日をもって、米コロムビアとの原盤供給使用契約が終結。これによって日本コロムビアは、EMIとCBSという二大メジャーレーベルの国内発売権喪失干されてしまいます。二大レーベルを失ったことにより、日本コロムビア社洋楽部門は、必然的に自主制作の道をたどって行くことなります。基本的に日本コロムビア社の製作は版権手放す 1968年以前 になります。個人的にはマスターテープが移籍後のCBS/SONY制作盤より新鮮な時制作されている所為か、同じワルター、セル、バーンスタイン等々指揮者からブダペスト四重奏団などの室内楽問わず中域厚く好んで聞きますが、今となっては日本コロムビア盤は半世紀以上前の製造で ニアミント盤 探すのには苦労しています

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。