JP SUPRAPHON PSH6 ジョルジュ・ジョルジェスク ベートーヴ…

JP SUPRAPHON PSH6 ジョルジュ・ジョルジェスク ベートーヴェン「交響曲第7番」(10インチ盤)
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 34-28328
商品名 JP SUPRAPHON PSH6 ジョルジュ・ジョルジェスク ベートーヴェン「交響曲第7番」(10インチ盤)
レコード番号 PSH6
作曲家 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
指揮者 ジョルジュ・ジョルジェスク
オーケストラ チェコフィルハーモニー
録音種別 MONO
ジャケット状態 EX
レコード状態 EX++
製盤国 JP(日本)盤
グレード(交響曲) レギュラー
販売価格  2,200 円 (税込)
個 

RecordLabel196*年発売日本ビクター社謹製国内初出溝有
Recording&Weight重量盤110g(10インチ100g以上重量盤定義)
Release&Stamper国内企画スタンパー NS**** 使用盤
Record(1) rub:scratch:surface:spindlemark:ニアミントに近いですが時代相応軽微擦れ認識 EX++ 半世紀前後発売盤等勘案頂けたら幸いです
Jacket(box)(1) face:back:spine:bottom:top:innersleeve:booklet:裏面経年変化染み認識 EX++ 1970年以降白黒文字羅列解説裏面主流、当方主力の1970年以前盤は例えば見開きジャケットやカラー写真掲載裏面等LP黎明期の息吹が聴こえてきそうな訂装、1970年製造盤は51年経過、当方主力出品盤1957-1969年製造盤は当時貧弱なオーディオ環境勘案するとニアミント盤発掘困難極めますが鋭意努力します。
Recordkarte(1) recorddate:addition:trial
黎明期最初期10インチ盤多少ノイズは乗りますが音圧の強さでほとんどかき消されています。音は素晴らしい!!!!!7(EP)インチと12(30cm)インチのレコードの間に10インチ(25cm)盤と呼ばれるレコードがあります。収録分数は12インチより少なく、片面15分程。中途半端なサイズと言えますが、何故故このレコードがかつて存在したのでしょう。78回転SP盤の名残で10インチレコードは、かつて使われていたS盤と同じサイズです。10インチLPレコード、クラシックファンは「トーインチ」と呼び、ジャズファンは「テンインチ」と呼ぶようですが、所謂30センチLPレコードが世に出る前に登場した25センチLPレコードです。リリース年月日は1950年代から60年代前半まで発売されていたようです。クラシックにしろジャズにしろ、30センチLPの中には25センチLPで出ていたモノを編集仕直して発売されたモノがあり、そうすると25センチLPの方がオリジナル初出盤という事になります。10インチがオリジナルで12インチサイズのLPは後発の編集盤というケースも少なくなく、また其の儘10インチ盤だけで発売を終えた盤も多くレア盤多数存在するのでコレクターは血眼になります。当方が血眼で収集した12インチ後発盤存在しないであろうレア盤多数存在。

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。