GB DGG 2530 516 クライバー ベートーヴェン・交響曲5…

GB  DGG  2530 516 クライバー  ベートーヴェン・交響曲5番「運命」
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 2-9239
商品名 GB DGG 2530 516 クライバー ベートーヴェン・交響曲5番「運命」
レコード番号 2530 516
演奏者 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
指揮者 カルロス・クライバー
オーケストラ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(交響曲) レギュラー
販売価格  2,200 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabelBLUE LINE
Recording&WeightSTEREO(125g)
Release&Stamper1975
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:


忘れもしない1989年元日、テレビに噛り付くようにして、心を踊らして、感激しながら見たのである。おそらく世界中の音楽ファンが、同じような気持ちで、この至福の時を過ごした事だろう。当日の演奏会の全演目を収録した貴重な二枚組はコレクターの宝である。クライバーの指揮によるシュトラウスのワルツ、ポルカは、どこまでも軽快にしなやかであり、音楽の流れにあわせ、自由に変化していくいきいきとした躍動感は、まさにクライバーならではのことである。まさに指揮をしているというよりは、指揮台の上で 踊っている と形容した方が相応しい!!!!つい時間を忘れて酔いしれてしまう(数年後の東京文化会館での バラの騎士 も同様でしたね)。このクライバーダンスをここではベートーベンに適応すると、こうなるということを実証する盤が本盤!!!40歳台後半のクライバーが、名門ウィーン・フィルハーモニーを手玉に取ったとも云える精妙に彫琢された音楽の鼓動、どっしりとした全体の構成感。クライバーの指揮の魅力すべてが横溢する演奏。その数がきわめて少ない録音のなかでも、ひときわジャケットのように燻し銀のオーラを放つ屈指の名盤と云えましょう!!

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。