GB Capitol SP8362 ミルシテイン|スタインバーグ ド…

GB  Capitol  SP8362 ミルシテイン|スタインバーグ  ドボルザーク・ヴァイオリン協奏曲
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 2-9200
商品名 GB Capitol SP8362 ミルシテイン|スタインバーグ ドボルザーク・ヴァイオリン協奏曲
レコード番号 SP8362
演奏者 ナタン・ミルシテイン
作曲家 アントニン・ドボルザーク
指揮者 ウィリアム・スタインバーグ
オーケストラ ピッツバーグ交響楽団
録音種別 STEREO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(協奏曲) ミディアム
販売価格  15,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabelEARLY RAINBOW EMI EARLY PRESS W&G相当品
Recording&WeightSTEREO(150g)
Release&Stamper
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:


演奏家としては、同門のハイフェッツと同じく、傑出した超絶技巧の持ち主ではあったが、それを前面に押し出す演奏には消極的だった。むしろイザイを通じて身につけた、歌心と美音を尊重するベルギー楽派の優美な演奏スタイルが際立っている。そのためしばしばミルシテンは バイオリンの貴公子 と称される。同門のハイフェッツやエルマン比してアクは少ない。しかしその音楽は決して退屈なものではなく、時にはフランス流エスプリ色の強い堅固に構築された音楽の中からほとばしる情熱を垣間見せる。 使用楽器は高名なストラディヴァリウスで、制作時期は黄金期ではあるが一級の名器に比べるとやや音量が少な目の楽器だという。しかし本盤を聴けば、この楽器の潜在能力を十分に引き出していたに気づくと思います。一挺のバイオリンがフルオーケストラに引けをとらない存在感を示し、完全に対峙している!!!感動を与えてくれることを如実に証明してくれた演奏です!!!一つの楽器に可能な限り有効な音を詰め込み、表現の極限に挑戦した意欲的な創作と言えるのでは・・・。この演奏は文句無く最高で、他の追随を許さず超然としています。この演奏を聞くとまず、これがスタジオ録音であるが、あたかもライヴのように生々しく、びりびり伝わってくるものがあります。そんな目の前で弾かれているかのような実在感と緊張感があるのは、ミルシテンの感情が深いところから完全に音にのって現れてくるからでしょう。汗が散る様子すら容易に目に浮かぶ物凄い熱演です!!!盤質良好です

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。