GB DEC LXT5302 アルフレード・カンポーリ サンサーンス・…

GB  DEC  LXT5302 アルフレード・カンポーリ サンサーンス・ヴァイオリン協奏曲
 画像をクリックして拡大イメージを表示
   
品番 2-8945
商品名 GB DEC LXT5302 アルフレード・カンポーリ サンサーンス・ヴァイオリン協奏曲
レコード番号 LXT5302
演奏者 アルフレード・カンポーリ
作曲家 カミーユ・サンサーンス
指揮者 ピエリーノ・ガンバ
オーケストラ ロンドン交響楽団
録音種別 MONO
ジャケット状態 M-
レコード状態 M-
製盤国 GB(イギリス)盤
グレード(協奏曲) ミディアム
販売価格  15,000 円 (税別)
※この商品は購入できません
RecordLabelORANGE WITH SILVER LETTERING
Recording&WeightFLAT MONO(190g)
Release&Stamper57.1 1A/1A
Record(1) rub&scratch:
(2) surface:
(3) spindlemark:
Jacket(box)(1) face:
(2) back:
(3) spine:
(4) bottom&top:
(5) innersleeve:
(6) booklet:
Recordkarte(1) recorddate:

(2) recordsession:

(3) p&e:

(4) addition:


類まれな技巧を駆使して豊かな情感が表現されるが,その情感にはあくまで上品で繊細な響きの持ち主、アルフレツド・カンポーリ。名前からして純粋なイタリア人と思えるが、活躍の場は女王陛下の国英国。バイオリンを肉声に近いくらい上手く操る名手で、まさに歌っている感じの演奏で、小生には好感が持てます!!!勝手に名付けて ベルカント奏法 とでも呼びましょうか???ベルカントとは直訳するとイタリア語で美しい歌の意。音楽用語はイタリア語が多いですね。作曲法、演奏法、美意識など様式を決定している要素の殆どがイタリア起源。バッハもモーツァルトもベートーヴェンもイタリアのやり方を見習い、その手法で自分の音楽を書きました。話は横にそれましたが、カンポーリは祖国イタリアを、異国の地、英国でデッカの力を借り、国際スタンダードにした立役者と云ったところか!!! カンポーリのバイオリンは、官能的なまでに甘美でありながら、ぴんと張りつめるような緊張感を保って伸びやかに歌っている。イタリア人という彼の中のラテン的な明るさと、ストラディヴァリスの豊穣な音色が相まって、 ゆっくりとした時間の流れにみを委ねることが出来ます。ストラディが、何故か艶っぽく聴こえます???!状態、フラット盤としては極めて良好

twitter

レコードサウンド インスタグラムジャケットギャラリー

Audio Equipment
 

当店では1950-60年代に欧米で製造されたHiFiオーディオ、レコーディング系機材、及び国産AP、PC AUDIOを専門で取扱っています。また、オーディオシステムの修理/OHも行なっております。